浜崎あゆみ、昨年末に出産していた 父親は不明

  • 浜崎あゆみ(2016年9月29日撮影)

歌手浜崎あゆみ(41)が昨年末に出産していたことが分かった。1日深夜に公式ファンクラブサイトで「私、昨年末に天使を産みママになりました」と報告した。相手男性は不明で、出産日は公表していない。

同サイトでは「まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんありますが、ひとりの人間としての子供の人生や未来の為に、静かに見守っていてもらえると嬉しいです」と母親になった心境を言葉にしつつ「いつもこんな私の事を理解して受けとめてくれる皆には感謝しかありません」とファンへの思いもつづっている。また「自分の母親をはじめ、全てのお母さん達、改めて心から大大大リスペクトです」とも記している。

浜崎は昨年大みそかには東京・国立代々木第一体育館でカウントダウンライブを行っていた。また昨年5月から8月まで全国ツアーを行っており、ツアー中に妊娠が判明していたことになる。

昨年は、自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(著書は小松成美氏)の中で、所属するエイベックスの松浦勝人会長とかつて交際していたことを告白して話題にもなった。

11年元日にオーストリア人俳優マニュエル・シュワルツと米国で結婚証明書を取得したが、日本国内で婚姻届を提出しないまま、12年1月に破局した。さらに13年12月には、米カリフォルニア大ロサンゼルス校に通う米国人の大学院生と婚約し、14年2月にロサンゼルスで婚姻手続きを行い、結婚証明書を取得後、同3月に都内で婚姻届を提出したが、16年9月に離婚手続きを行っていたことが明らかになった。