宍戸錠さん死因は虚血性心疾患、本人希望すでに密葬

21日未明に自宅で倒れ死亡しているのが見つかった俳優宍戸錠さん(享年86)について、日活が23日、虚血性心疾患で18日に亡くなったことと、23日に近親者で葬儀が執り行われたことを発表した。密葬は宍戸さん本人の希望だったという。

長女でエッセイスト紫しえさんは「突然のことで困惑し、関係者の皆様への対応が遅くなりましたことをおわび申し上げます。晩年は『エースのジョー』ではなく、父宍戸錠として、私、義理息子(夫)と穏やかに過ごしておりました。特に私ごとになりますが、里子を預かってからは本当のおじいちゃまのようになり、『オマエは良い俳優になれる!』とアクションを教える日々でした。私たち親子は長年過ごしてきた、こわもての宍戸錠とは思えない時を過ごすことができました。母の遺言である『しえが最後まで映画俳優・宍戸錠でいさせなさい!』をまっとうできたと思います」とコメントした。

しえさんは「『90歳の殺し屋』の映画を撮ることができなかったことだけを悔やんでいると思いますが、天国で脚本を書いている母と実現するでしょう。映画俳優・宍戸錠を愛し、応援してくださった皆様に心より感謝申し上げます」と結んだ。

宍戸さんは日活ニューフェイス第1期生として54年に日活に入社、日活の出演作は170作品以上になる。