乃木坂堀未央奈、卒業後は女優へ「1からお芝居を」

乃木坂46堀未央奈(24)が27日、グループからの卒業を発表した。同日、乃木坂46のYouTube公式チャンネルにアップされたソロ曲「冷たい水の中」のミュージックビデオ(MV)の終盤で「私、堀未央奈は、乃木坂46を卒業します」と伝えた。同曲が収録される26枚目シングル「僕は僕を好きになる」(来年1月27日発売)の活動をもって卒業する。

堀はこの日深夜、ブログを更新した。「卒業については前々から考えていて、スタッフさんとも何度も話を重ね、時期が決まったのは夏頃でした。そしてメンバーには今回の選抜発表前に、みなさんにはこのタイミングで、お伝えさせていただきました」と経緯を明かした。

「このアイドル人生は 楽しかった事ばかりではないし 現実の厳しさをたくさん目の当たりにしました」と振り返った上で、「私の青春は間違いなく乃木坂46だったし 乃木坂46に入ることができて本当によかったです すごくラッキーガールだなと思います」と言い切った。「卒業後は、1からお芝居をしていきたいと思います」としており、女優業を中心に活動していくとみられる。

堀は13年3月に乃木坂46に加入した2期生。同年11月発売の7枚目シングル「バレッタ」でセンターに抜てきされた。マイペースでミステリアス、独特な透明感で人気メンバーの1人として活躍。昨年6月公開の「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸監督)では映画初出演、初主演を果たした。

この日は、「バレッタ」発売からまる7年の“記念日”でもあった。