安部裕葵「1つの試合」ウルグアイ戦へ自然体で挑む

南米選手権初戦でチリに0-4で敗れた日本代表は、18日(日本時間19日)、サンパウロから移動。中2日で迎える20日(同21日)のウルグアイ戦へ調整を進める。

MF安部裕葵が自然体で強敵撃破を目指す。チリ戦では0-4と点差をつけられた中で途中出場。得点チャンスを作る好クロスを送るなど奮闘した。王者の圧力を受けても「サッカー人生の中で何百、何千と試合をしてきた中での1つ。驚いたことはない」と言い切った。ウルグアイ戦にも「これまでと同じ1つの試合」と動じることなく臨む。

その他の写真

  • 19年6月17日、日本対チリ 後半、ゴール前にパスを送る安部