G大阪U-23塚元、J史上最年少ハットトリック

J3ガンバ大阪U-23のFW塚元大が23日、18歳の誕生日となるガイナーレ鳥取戦(パナスタ)に初先発し、ハットトリックを決めた。

前半8分にMF川崎修平のパスを押し込むと、後半14分に再びゴール前へ走り込み2点目。1点を返された後半45分、相手DFのミスからボールを奪い、GKをかわして3点目を奪った。

18歳0日でのハットトリック達成は、12年に東京V・FW中島翔哉(現アルドゥハイル)がJ2栃木戦で達成した18歳59日を更新し、Jリーグ史上最年少記録。

チームも塚元の全得点で3-1と勝利した。