Jリーグ実施のPCR検査は最大3680人が対象

Jリーグは5日、オンラインで臨時理事会を実施し、Jリーグ内に検査センターを設置して実施する唾液によるPCR検査の概要を協議した。

先月29日の臨時の実行委員会後には1回の検査は各クラブ最大40人を想定していたが60人に枠を拡大。全クラブと審判員を対象に最大で合計3680人が対象。7月4日のJ1再開、6月27日のJ2再開とJ3開幕に向け、13日と14日に1試合を選出して検査を「プレ実施」。全クラブ対象の1回目を20日と21日、それ以降は12月後半まで2週間ごとを目標に、週末の試合前に検体を採取、輸送して火曜日に検査する。陰性判定が試合登録の条件となる。

2日にFW金崎夢生の感染を発表した名古屋の再開初戦については、7月4日で変更しない方針も再確認した。8日にはプロ野球との合同の対策連絡会議を予定しており、村井満チェアマン(60)は「陽性が1人でも出たらチーム全部、もしくは対戦相手すべての接触を疑わなくてはいけないかは、専門家の意見をふまえて、場合によっては医療行政にも説明しないといけないかと思う。一般社会生活での濃厚接触の定義とアスリートの定義は、我々でも分析や仮説を用意して、専門家とも話しながら隔離する範囲を詰めていきたい」と語った。【浜本卓也】