Cロナ健在ユーベが9連覇狙う セリエA展望

セリエAの新シーズン開幕が24日、パルマ-ユベントスで幕を開ける。今年も王者ユベントスが、優勝争いをリードする。FWクリスティアノ・ロナウドは、来年2月で35歳になるが、強靱(きょうじん)な肉体は健在だ。セリエAに挑戦した1年目の昨季は、21得点と得点王こそ逃したが、エースとして大車輪の活躍を見せた。2年目の今季は、プレミアとスペインに次ぐ3つ目のリーグ得点王を狙い、前人未到の9連覇を目指す。

注目はミラノ勢の復権だ。昨季4位のインテルミラノはベルギー代表FWルカクを獲得し、覇権争いに加わりたい。ACミランは昨季、3位アタランタと勝ち点差1の5位と、6季ぶりの欧州CL出場権獲得に迫り、復権への足がかりとなるシーズンになった。

DF冨安健洋がボローニャに加入し、18年1月までインテルミラノに在籍したDF長友以来となる日本人になった。念願の4大リーグに足を踏み入れ、世界トップレベルのフォワードに挑む。

その他の写真

  • C・ロナウド