シェフチェンコ次男、将来イングランド代表選択も

元チェルシーでウクライナ代表FWとして活躍したアンドリー・シェフチェンコ氏の次男クリスティアン君(12)が、チェルシーの下部組織に所属していると16日付の英紙サン電子版が報じた。シェフチェンコ氏が、ウクライナメディアによるインタビューで明かした。

クリスティアン君はロンドンに生まれ育ち、英国のパスポートを所持していることから、イングランド代表を選択することも可能だとサン紙が伝えた。「次男がチェルシーでトレーニングをしている。とても良いスクールだよ。レベルの高い選手を輩出している」とインタビューで答えた。

クリスティアン君は父親の故郷であるウクライナ代表を選択する可能性もあるほか、ポーランド系米国人の母親を持つことから、ポーランド代表と米国代表でもプレーする資格がある。(A・アウグスティニャク通信員)