マルセイユ酒井、エムバペらベスト11選出 仏紙

  • パリサンジェルマン所属のエムバペ(2018年7月15日撮影・PNP)

フランス1部マルセイユの酒井宏樹(30)が、パリサンジェルマンFWキリアン・エムバペ(21)、リヨンFWメンフィス・デパイ(26)らとともに、フランスリーグ・アン第7節で、レキップのベストイレブンに選ばれた。19日付のフランス紙レキップ紙が報じた。

同紙によると、酒井は3-1で制した17日ボルドー戦(ホーム)で1アシストを記録し、6回のボール回収に加え、敵陣でのパス成功率は88・9%だった。

同じくベストイレブンに選ばれたフランス代表のエムバペは、16日ニーム戦(アウェー)で2ゴールを決め、オランダ代表のデパイは、18日ストラスブール戦(アウェー)で3アシストに成功していた。(松本愛香通信員)