桐生祥秀が毎日スポーツ人賞GP、記録更新に意欲

 「2017毎日スポーツ人賞」の表彰式が7日、東京都内で開かれ、陸上男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)がグランプリを受賞し「これから先、どんどん日本記録を更新していきたい」と新たな目標を語った。

 新人賞は13歳で出場した卓球の世界選手権個人戦で史上最年少のベスト8に入った張本智和(エリートアカデミー)が受賞。「世界のトップ選手と戦える自信がついた1年」と笑顔で話した。

 もう1人の新人賞は聴覚障害者の国際総合スポーツ大会、デフリンピックで三つの金メダルを獲得した競泳の藤原慧(日大)が選ばれた。ベストアスリート賞は車いすテニスの四大大会女子シングルスで3大会を制した上地結衣(エイベックス)、文化賞はバスケットボール男子のBリーグに贈られた。