エジプトのファラオもウイルスと戦った。自然免疫力って?

【健康連載】コロナがなんだ! 私たちはウイルスとどう付き合っていけばいいのか。

特集記事

鎌田實


 テレビ、ラジオでもおなじみの医師で作家の鎌田實氏が、長引く新型コロナウイルスの感染症との付き合いで、私たちにできること、いかに困難と向き合っていくかをお伝えしていきます。

★ワクチンも大事だけど★

 人類の歴史は、ウイルスとの闘い。あらゆるウイルスにさらされながら、生きてきました。紀元前1100年代、第2エジプト王朝のラムセス5世のミイラには、天然痘の痕跡が認められています。古代ギリシャでも、ローマ帝国でも、天然痘の記録が残っています。

 麻疹(ましん=はしか)や流行性耳下腺炎など、ウイルスが原因になる感染症はとても多いのです。そのために、人間には自然免疫というものが作られています。麻疹に1度かかると抗体ができて、2度と麻疹にはかからない。これは獲得免疫です。

 新型コロナのワクチン接種は抗体を作るためです。獲得免疫力を上げるために、ワクチンが必要なのです。ワクチン接種だけでなく、自然免疫力を高めておくことも大切です。

(1)朝、太陽に当たること。サーカディアンリズム。免疫を強化してくれます。太陽に当たることで、幸せホルモンのセロトニンが作られます。コロナ鬱(うつ)の予防にもなります。

(2)運動。お勧めの運動については、この連載でたっぷりお伝えします。

(3)免疫の中枢は腸。その腸にいい、野菜と発酵したものを食べる。ヨーグルトやチーズや納豆です。

 自然免疫をバカにしてはいけません。ワクチンは、重症化を防いではくれますが、感染を完全に防いでくれるわけではありません。新型コロナウイルスが終息するまでは、自然免疫力もどうしても必要なのです。

紀元前1100年代、エジプト王朝のラムセス5世のミイラには天然痘の痕跡が認められる

紀元前1100年代、エジプト王朝のラムセス5世のミイラには天然痘の痕跡が認められる

★ウイルスの善と悪★

 ウイルスは人間にとって怖い存在です。天然痘は、16世紀、中南米で広く栄えていたインカ帝国に欧米から入り込み、崩壊させました。

 1918年(大正7年)、第1次世界大戦が行われる中、スペイン風邪が米国から世界へ広まりました。当時の新型インフルエンザウイルスです。第1次世界大戦の戦死者を上回る5000万人が死亡したともいわれています。

 鳥類や哺乳類が保有しているウイルスは170万種。そのうち約82万種が人間に感染する可能性があるといわれています。

★ウイルスとの共生★

 ウイルスは人間に害悪を与えるだけではありません。1億5000万年前、哺乳類に感染したウイルスのゲノムが胎盤を作ったといわれています。卵から、新しい出産の形へと進化したのです。

 記憶にも関係しています。ウイルスのゲノムが脳ニューロンからニューロンへと情報を運ぶ仕事をしています。人間の体には、ウイルス由来の遺伝子があるのです。

 人類とウイルスは長く共生してきました。しかし自然開拓や野生動物取引など人間の行き過ぎた行動が、パンデミックを引き起こしてきました。ほどほどに生きることが大切です。

 人間が唯一完全制圧したウイルスは天然痘。その大きな力となったのは、ワクチンです。日本も30年ほど前まではワクチン先進国といわれていました。国民を守るためにもう1度、国産ワクチンの製造に力を入れる必要があるように思います。(2021年夏に日刊スポーツ紙上で連載)

◆鎌田實(かまた・みのる) 1948年(昭和23)6月28日、東京生まれ。東京医科歯科大卒業後、諏訪中央病院で地域医療に携わり、88年、院長。長野県を健康寿命日本一に導く。05年、名誉院長。ベストセラーになった「がんばらない」など著書多数。最新刊に「認知症にならない29の習慣」。文化放送「鎌田實×村上信夫 日曜はがんばらない」パーソナリティー。日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)理事長、日本・イラク・メディカルネット(JIM―NET)代表としてチェルノブイリ、イラクへの医療支援を続ける。