羽生結弦たった1人のゼミ同期が明かした学業奮闘記

羽生結弦、北京オリンピック(五輪)で94年ぶりの3連覇に挑んだ歴史に残るスケーターには、ただ1人の「同期」がいます。親子のように年の離れた2人の関係とは。そして「同期」は羽生選手をどう見たのでしょうか。

ストーリーズ

木下淳

<北京五輪:フィギュアスケート個人4位>


フィギュアスケート男子の羽生結弦(27=ANA)が3度目のオリンピック(五輪)を全うしてから、間もなく1カ月がたつ。

北京大会では94年ぶりの3連覇こそ逃したが、ただ1人、挑んだクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)が国際スケート連盟(ISU)公認大会で初認定された。五輪史に「4A」の2文字が刻まれた。

2022年2月10日、羽生は北京五輪男子フリーでクワッドアクセル(4回転半)に挑んだ

2022年2月10日、羽生は北京五輪男子フリーでクワッドアクセル(4回転半)に挑んだ

その姿を日本で見届けていた、ただ1人、の「同期」がいる。早大人間科学部(通信教育課程)西村昭治ゼミで2年間、ともにした伴仲道憲(ばんなか・みちのり)氏(58)だ。年の差31歳。生徒2人だけの卒業研究ゼミだった。

「北京五輪では、ショートプログラムで(氷上の穴にはまる)トラブルがありながらも、その後の完璧な演技で見る人を魅了されました。フリーの演技では、何と言っても五輪で初めて4回転半にチャレンジ。公式に認定された時は感動で胸が熱くなりました」

そうテレビ観戦を振り返る伴仲氏は、総合毛髪関連企業アデランスのグループ会社で、ウィッグやヘア小物などの製造・販売を手掛けるハイネットの代表取締役社長を務めている。

羽生結弦と早大のゼミで唯一の同期だったハイネット伴仲道憲社長

羽生結弦と早大のゼミで唯一の同期だったハイネット伴仲道憲社長

“出会い”は18年10月。通信教育課程のオンライン上で、当時23歳の羽生と54歳の伴仲氏と、西村教授によるゼミが始まった。

「うちの子供が32歳、30歳、25歳なので羽生さんと近い世代。私とは30以上離れていますが、ちゃんとゼミ仲間です(笑い)。尊重し合うのに年齢は関係ありません。若い世代から学ぶべきことは多いですから」

羽生は13年、伴仲氏は15年の4月に入学。2学年違いの2人が同期になった理由は、いくつかあった。

まず、拠点を仙台からカナダ・トロントに移していた羽生は、シンプルに多忙だった。進学後に五輪2連覇を達成するなど、国際大会の転戦や日々の練習に追われる日々。学業に集中できる時間が限られていた。

フルタイム受講が本分の学生のように4年間で卒業することは難しい。実際、西村教授によると「社会人も多いので、卒業まで平均6、7年といったところでしょうか」。その中で羽生は、オンデマンド授業を可能な限り受け、遠征の合間にリポートを提出して6年目から卒業研究へ進んだ。

2013年6月23日、早大に進学直後の羽生はやわらかな表情を浮かべた

2013年6月23日、早大に進学直後の羽生はやわらかな表情を浮かべた

一方の伴仲氏は4年目から。上司でアデランス代表取締役社長グループCEOの津村佳宏氏も西村ゼミの卒業生だった縁で、合格直後から教授と話す機会に恵まれたことが良かった。

「羽生君は、ものすごく頑張っていますよ」

そう聞くたびに「頑張って追いつきたい」と、ゼミのスタートラインで並びたいと考えるようになった。当時は本社の営業企画部長や人事担当役員を歴任。社業の傍ら、いくら疲れていても「ここで寝たら追いつけないぞ」と追い込んで単位を次々取得。17年度の末までに必要数をそろえた。

迎えたゼミ選び。西村教授は早大のeスクールを立ち上げた1人で、高い人気を誇る。それがなぜ履修生2人だけになったのか。

18年2月14日。教授が、くも膜下出血で倒れたからだった。羽生が男子66年ぶりの2連覇を達成した平昌五輪の期間中のことだ。

2018年2月16日、西村教授が倒れた2日後に迎えた平昌五輪男子SPで、けが明けの羽生は完璧な演技を終えて歓声に応える

2018年2月16日、西村教授が倒れた2日後に迎えた平昌五輪男子SPで、けが明けの羽生は完璧な演技を終えて歓声に応える

本来、その2カ月後の18年4月からゼミが始まるはずだった。しかし、羽生も伴仲氏も恩師の回復を待った。伴仲氏は振り返る。

「まずは退院できるかどうか、先生を心配する日々でした。その後どうしても復帰が難しければ、お身体が第一ですので、諦めるしかなかったのですが、私は西村先生に師事したくて入学した1人。無事を願い、待たせていただきました」

羽生も、入学試験のオンライン面接から在学中の相談まで一手に引き受けてくれた西村教授を信頼していた。再び伴仲氏は言う。

「卒業が半年、場合によっては1年、遅れるわけですが、西村先生以外のゼミは考えられませんでした。羽生さんも同じ思いだったのではないでしょうか」

幸い、初期治療が万全で予後も良好だった。18年度の前半は休職を余儀なくされたが、リハビリをへて7カ月半後に復職。10月から現場に戻ることができた。

2018年11月4日、西村教授のゼミが始まった直後の羽生は、GPフィンランド・ヘルシンキ大会で世界最高得点で優勝し、メダルを手に笑顔をみせる

2018年11月4日、西村教授のゼミが始まった直後の羽生は、GPフィンランド・ヘルシンキ大会で世界最高得点で優勝し、メダルを手に笑顔をみせる

週1回。1年目が専門ゼミで2年目が卒業ゼミとなる。羽生は、フィギュアスケートの動作解析をするため、自身にセンサーを付けて動きを記録するモーションキャプチャ技術を、論文の題材に採用。第一人者である西村教授から学んだ。

伴仲氏は、マーケティングに生かすべく、顧客との接点を連携させるオムニチャネルをテーマにした。19年3月のハイネット社長昇格も重なった中だった。

「なかなか忙しくなりまして。業後の深夜や日曜日に、リポートや毎週のゼミに向けた仕上げをこなしていたんですが、週に十数時間は必要。大変だな、厳しいかな、やめようかな。そう途中で思った時期もあったんですが、羽生さんが毎週、提出していらっしゃるので。試合はもちろん日々の練習もある中で。忙しいなんて言っていられない! と励みになりましたね」

2019年3月23日、ゼミ生1年目のさなか、羽生は世界選手権男子フリーの演技に臨んだ

2019年3月23日、ゼミ生1年目のさなか、羽生は世界選手権男子フリーの演技に臨んだ

2年目、羽生はコロナ禍の渡航制限を受け、仙台に拠点を戻す。20年3月から7月末にかけて研究を加速し、卒業論文「フィギュアスケートにおけるモーションキャプチャ技術の活用と将来展望」を書き上げた。伴仲氏が一端を明かす。

「毎週それぞれのテーマを深めていくんですが、羽生さんに対しては、西村先生が『モーションキャプチャの使い方が良かったですね。分析も素晴らしい。では次は、もっと新しいツールを使ってみましょう』と導かれたりしていました」

「羽生さんが返すリポートは文面が、ものすごく謙虚で。腰が低いというか、学ぶ姿勢がすごくて、ちょっとでも分からないことがあれば、素直にアドバイスを求めていた印象です。分析も、しっかり出口を描けないとできないものなんですが、そこも的確でした」

「私の方が(卒論の)まとめが、たまたま早かったものですから。内容は全く異なるんですが、見てくれた羽生さんが『要旨の書き方とか、まとめ方とか、伴仲さんの論文を参考にしてみました』と言ってくださったこともありましたね」

 

 

羽生の「卒業論文」より一部抜粋

羽生の「卒業論文」より一部抜粋

羽生は、ジャンプ解析にとどまらず、フィギュア界へ人工知能(AI)採点導入も提言した。原稿用紙75枚分、約3万字。「卒論の域を超えている」(西村教授)と高い評価を受けた。

世に出ていない羽生論文の完全版。それを読んだことがある数少ない1人の伴仲氏は舌を巻く。

「正直、読むのも大変なくらいでした(笑い)。それほど濃密。自らスピードとジャンプの角度を分析して、数値化して、そのデータにまつわる前例を探してきて。人に教えられるように、感覚でも印象でもない客観的なものを残そうとしていました。新しい練習方法から公平な採点まで、将来を見据えて、本当に細かくまとめられていました」

20年9月の卒業式は感染症対策で規模が縮小され、ライブ配信を視聴する形になった。大隈講堂で会うことはできなかったが、その後の試合は当然、特別な感情を持って見届けてきた。

2022年2月10日、羽生は北京五輪男子フリーの演技を終え、観客席に最後のあいさつをする

2022年2月10日、羽生は北京五輪男子フリーの演技を終え、観客席に最後のあいさつをする

1年半後、北京五輪。成績こそ4位だったが、羽生は、自身の研究成果も込めた4回転半に挑み、世界で最初の認定をつかんだ。

右足首を捻挫しながら。その姿に思い出すこともあった。

「ゼミ1年目の(18年)ロシア杯も、練習中に右足首を痛めながら強行出場されていました。それだけでなく、直後の週明けに、しっかりリポートを提出されていたんです。本当にすごいなと思わされました」

2018年11月18日、GPロシア杯で右足首のけがを抱えながら優勝した羽生は表彰式に松葉づえ姿で登場した

2018年11月18日、GPロシア杯で右足首のけがを抱えながら優勝した羽生は表彰式に松葉づえ姿で登場した

羽生は逃げない。11日に発生から11年を迎えた東日本大震災への、終わりなき復興支援も同じだろう。

「アデランスでも、ご自宅に置いていたウィッグが津波に流されたり、使えなくなったりしてしまった方々を助ける支援を続けてきました。また、当初は津波の到達地に、現在は津波を伝承する場所に桜を植樹する『さくら並木ネットワーク』さんの活動にも長く参加し続けています」

前者は、がんを患った被災者に医療向けウィッグなどのケア用品を届ける「One World プロジェクト」に賛同したもの。「ウィッグお手入れ支援サービス」として12年7月に始め、21年6月30日まで期限を延長した実績もある。

2022年2月20日、北京五輪のエキシビションで羽生は「春よ、来い」を舞った。東日本大震災の被災地など苦しむ人に届くと信じ、かねてから演じ続けてきた曲だった

2022年2月20日、北京五輪のエキシビションで羽生は「春よ、来い」を舞った。東日本大震災の被災地など苦しむ人に届くと信じ、かねてから演じ続けてきた曲だった

CSR(企業の社会的責任)は、復興を願い、直接の慰問や寄付を絶やさない羽生の行動とも重なる。「いつか手を携えることができれば」。これからも被災地に寄り添う羽生の「同志」でもありたい。

「けがのため世界選手権を欠場されることは残念ですが、これからも羽生さんのスケートを見ることを楽しみにしています」

応援する「同期」でもあり続けたい。再び4年に1度の祭典は幕を閉じたが、これからも「フィールド問わず」スケートを突き詰めていく羽生の前進を願う。

唯一のゼミ仲間として。