速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第55回】

性的欲求不満で歩けなくなった

今、心の診察室では

ヒステリー

 「ヒステリー」と言われると、多くの人は「甲高い声を上げて怒りをぶちまける」といったヒステリックな状態を思い描くだろう。ここらあたりに、一般に理解されているヒステリーと心の病としてのヒステリーには違いがある。

 今日、ヒステリーという言葉は精神医学用語としては使われなくなった。代わりに使われているのが「解離性障害」と「転換性障害」である。解離性障害は、ある期間の記憶を失うなど記憶障害が伴う。重症のケースでは自分の過去を忘れたり、別の人格が現れる多重人格になってしまうこともある。

 一方、転換性障害は、身体の神経系に全く異常がないのに、急にけいれんを起こして倒れたり、歩けなくなったり、声が出なくなったりしてしまう。目立つ身体の症状を引き起こしてしまうのである。

 C子さん(26)は3年前に結婚し、専業主婦として、幸せそうな結婚生活を営んでいた。ところが、ある朝、目覚めるとどうしてかベットから起き上がれない。救急車で病院に運ばれ、精密検査を受けたが、異常はなかった。原因に精神問題があると判断され、精神科に紹介された。

 診察が進むにつれ、C子さんには夫婦生活のないことが明らかになった。ご主人は極端なマザコンで、C子さんにも母親と同じように世話を焼いてもらいたがり、C子さんの体には全く触れようとしなかった。C子さんはその不満を口に出せず、1人で悩み続けているうちに歩けなくなってしまった。

 C子さんは性的欲求不満が原因となった転換性障害と診断された。このような患者への接し方はケースバイケースで、マニュアルがない。ただ、治療では深層心理にまで踏み込む必要がある。薬物療法、心理療法、ときには催眠療法が導入されることもある。

 とにかく、自分の気持ちを抑えがちな人がなりやすいし、心の動きをコントロールできない人もなりやすい。だから、自分の気持ちを表現することを心がけ、物事を冷静に判断する力を身につけることが重要である。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

疾病利得

 (しっぺいりとく)ストレスが身体障害となって現れる転換性障害では他人に依存的な面がみられる。病気になることでストレスから逃避。また他人から愛情、援助も得られる。これを疾病利得という。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ