犬童千秋は1回走りの5Rで、2コースから2着とまずまずの滑り出しだった。

パートナーの51号機については「昨日(前検)気になっていた起こしの鳴きは解消したかな。乗り心地も良くなっている」と上昇気配を見せる。「もう少し、いろいろ点検する」と、さらに上積みを目指す。

足の動きは軽快なだけに、これからも上位着を並べる。