予2・6Rは人気を背負った尾方真生が、鐘4カマシを決めて楽々と押し切った。「出てからはペース。ゴール前でもしっかり踏み直せました」と満足そうに振り返った。

初日はまくり届かずの2着に終わっていた。憂さを晴らしたと思いきや「それほどでも。昔はすごく負けず嫌いだったけど、もう疲れました」と笑った。

【四日市競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック