海老根恵太(46=千葉)が1予3Rで2着に入り、確定板入りを喜んだ。この日は、アマチュア時代から世話になった東出剛さん(04年没、享年39)の命日だった。

「東出さんのことを思い、何とか車券に貢献したいと思っていたので良かった。前を任せた近藤(隆司)も前前に踏んでくれて心強かった」と安堵(あんど)した。

今期(24年前期1~7月)は21年後期(7~12月)以来のS級復帰で注目度も高くなっている。「上がってから2カ月間ぐらいはS級の走りに慣れる時期と考えていて、着順が大きくても仕方ないと思っていた。その中で勝ち上がれたのはうれしい」。

2予も何とかクリアして東出さんへの手向けにするつもりだ。

◆東出剛(64年9月25日~04年2月22日) 千葉登録で競輪学校(現選手養成所)54期生として84年9月にデビュー。97、99年のKEIRINグランプリに出場するなどS級トップレーサーとして活躍した。