埼玉期待の新鋭・安彦統賀(25)が準決7Rで1着となり、順当に決勝進出を決めた。レースは打鐘過ぎ3角から西本直大がカマシ先行で発進も、番手が離れたため、先頭でレースを進めていた安彦が上手くはまる形に。そこから落ち着いてレースを運び、番手の田村真広に1車身半差をつけ入線した。田村は「若いのに落ち着いて走るよね、長く踏める地足タイプだよ」と安彦を評価した。

安彦は近況好調で、前節の玉野F1開催でも優勝。今節で10場所連続の決勝進出となった。好調の要因は、練習法を変えたこと。「今は室内で練習を行っています。これまでは(大宮)バンク練習が中心でしたが、自宅からの移動時間が結構、長かったんですよ。そこを短縮して、自宅で(ワットバイクなど)しっかり乗り込んでいます」と、好転した理由を説明した。

今節は師匠の太田真一と一緒の参戦でもある。決勝7Rで立派な成長の跡を、目の前で披露する。