前節の別府F2で優勝した浮島知稀(23=群馬)は初日の予選4Rで、師匠の須藤直道の前で走ることになった。

「番手はもちろんですが、一緒の開催になるのも初めてですからね。いやあ、緊張しますね」と本音が出た。

今回は地元の前橋バンクで、関東を代表する若手実力者の真杉匠や森田優弥と4日間、切磋琢磨(せっさたくま)しながら乗り込んだ。ここに向けて仕上げてきて「師匠とワンツー決められるよう、頑張ります」と気合が入る。

須藤も「(浮島は)順調に育っていると思う。落車などのけがに注意して、このまま頑張ってほしいね」と優しく見守った。