佐藤大介(48=愛知)が、不可抗力による優勝戦2枠を悔しがった。

尾上雅也との優勝戦1枠争いは得点率、上位着順の回数とも同じでタイム順による決定に。しかも、尾上はこの日1Rの豪快まくりで1分48秒9と、今節1位タイとなる好タイムで制していた。

迎えた佐藤の8Rは、2コースからターンマークすれすれを差し抜けると、あとはフルスロットルで駆け抜けるのみだった。だが、3周目バック付近で事故艇が発生し、減速を余儀なくされてしまった。「残念! 久しぶりにタイムアタックしたけど…。思わずボートの中で『うそでしょ』って声が出た」と肩を落とすしかなかった。

それでも「今日が一番良かった。バランスが取れているし」と確かな手応えを得て優勝戦に挑む。