痛い判定となった。エース機を駆ってトップ級の気配を誇っていた尾嶋一広(36=兵庫)だったが、予選ラストの2日目10Rで痛恨の優先艇保護違反で賞典除外となった。

レースは2周1Mで山口真喜子が落水。3周ホームのスタートライン過ぎには、尾嶋が内側の庄司孝輔に対して1艇身近くリード。3周2Mを先に回ってそのまま1着でゴールしたが、厳しいジャッジが待っていた。