寺崎浩平が準決11R(2着)でも豪快なカマシを決めた。

「出てからペースに入れてたけどタレている」と、踏み直しの部分には不満顔だったが2日間、攻撃的なレースが印象的だ。

「構えても9車のレースにはつながらない。練習用の自転車と感覚が違うので、少しいじりたい」。

セッティングを修正して決勝12Rこそは押し切ってみせる。

【久留米競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック