西川新太郎は9R、道中で池田浩二と激しい3番手争いを演じた。

結果は競り負けて4着だったが、決して足負けはしていなかった。「見せ場は作りました。池田さんと競って出足は自分の方が良かった。伸びは池田さんでしたね。(前回使用者の)瓜生(正義)さんが、ペラを仕上げてくれている」。

低調機ながら、それを感じさせない動き。予選突破へ、気合を入れる。