A級準決3Rで今岡徹二(29=広島)と門田凌(29=愛媛)の同期・同地区ワンツーが決まった。

高校時代から自転車競技を通じてつながりのある間柄。先の佐世保・決勝でもラインを組み、今岡は2着に入っている。

これで連勝となった今岡は、「強風の中を(門田は)先行で頑張ってくれたからね、何とか2着までに残そうと必死でした」と、最後の直線では何度も後方を確認しながら援護し、ともに決勝進出を決めた。

果敢に先行した門田は、「集中力が欠けるほどの強い風でした。でも、この2日間で(強風の)感触はつかめました」と手応えを感じている。今岡に対しては、「あいつの方が強いんですよ」と実力を認めている。

決勝11Rは岡山の大槙大介が乗ってきたことで、隣県の今岡は大槙の番手を回り、門田は単騎で戦うことになった。熾烈(しれつ)なV争いは、別線で決着を迎える。