菅田壱道(37=宮城)のモチベーションが爆上がりしている。

前回の奈良G3は、あとちょっとのところで優勝を逃した。しかし、決勝は今後の語り草になるようなレースだった。近畿が3つのラインに分かれ、菅田も含めた各ラインが死力を尽くした。「自力でワッキー(脇本雄太)の番手に飛び付けたこと、あれが大きな自信になりましたね。あとで見返しても、いいレースだったなと思います」。優勝に匹敵するような自信と収穫を手に入れたことは間違いない。

特選12Rは、地元の山崎芳仁に前を任された。「今回は(名輪会カップ)阿部道杯ですよね。宮城の冠なら僕も地元なんで」と、2枚看板でシリーズを引っ張る決意だ。