日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

グレイン好調アピール/セントウルS

幸騎手を背に軽快な動きのファイングレイン(撮影・渦原淳)
幸騎手を背に軽快な動きのファイングレイン(撮影・渦原淳)

<セントウルS:追い切り>

 高松宮記念の覇者ファイングレイン(牡5、栗東・長浜)が11日、秋初戦となるセントウルS(G2、芝1200メートル、14日=阪神)の追い切りに臨み、順調な仕上がりをアピールした。Dウッドでしまい重点に追われるとラスト1ハロンは12秒1の切れ。短距離G1春秋制覇へ向けて、前哨戦の走りが注目される。

 春のスプリント王が臨戦態勢を整えた。この日、ファイングレインに課せられたメニューは単走追い。これには「牧場で少し仕上げすぎの感もあったので、併せ馬は必要なかった」という長浜博之師(61)の意図があった。

 幸騎手は「5ハロンの手前からしまい伸ばす」という指示通り、6ハロンから5ハロンまでを19秒6とゆっくり入り、その後は1ハロンごとに15秒2→13秒5と加速。ゴール前1ハロンはいっぱいに追って12秒1でフィニッシュした。「馬場は悪かったけど、しまいはよく伸びた。落ち着きがあるし、息も出来ている」と、主戦の舌は滑らかだ。

 この日の追い切りで、中間は4本目の時計。1週前の手綱も取り、春からの成長と息遣いは肌で感じている。今回は59キロと好走例のない阪神コースだが、幸はそれよりも開幕週で先行有利となりがちな展開面を課題として挙げる。「重量は少し気にはなるけど、坂の方は気にならない。むしろ前が残りやすい開幕週の馬場の方が気になる。それほどゆっくり構えてられないでしょうね」と、早めスパートを頭に描く。

 秋初戦から前年の高松宮記念馬スズカフェニックスや夏のスプリント王を目指すカノヤザクラなど骨っぽい相手がそろう。だが、4戦4勝の芝1200メートルで恥ずかしい競馬はできない。「力は出せる」。幸の自信に揺るぎはない。休み明け初戦でも、春のスプリント王がG1馬の貫禄(かんろく)を見せつけるはずだ。【松浦渉】

 [2008年9月12日8時15分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]







日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです