日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

船橋の森泰斗 中央G1初参戦/オークス

オークスの枠順表を手に笑顔で抱負を語る森泰斗騎手
オークスの枠順表を手に笑顔で抱負を語る森泰斗騎手

 オークス(G1、芝2400メートル、20日=東京)の出走馬18頭と枠順が17日、確定した。

 船橋のトップジョッキー森泰斗騎手(31)が初めて中央G1の大舞台に立つ。「うれしい。機会をもらえて感謝です。あの雰囲気を味わいたいと思っていたのですごく楽しみ。鳥肌が立ってきました」。2つの枠を巡って4頭が抽選。騎乗を依頼されていたチェリーメドゥーサ(小西)が見事幸運をつかんだ。回避馬が出て確率は5割だったが「その時点で入ると思った」と引きの強さ、自信をのぞかせた。

 まだ31歳だが、騎手人生は波乱に満ちている。98年にデビューしたが、競馬に身が入らず19歳の00年に騎手免許を返上して引退。再取得して01年に復帰したが所属の足利競馬場が03年に廃止となった。その上、移籍先の宇都宮競馬場がまたも廃止に。05年、ようやく安住の地を船橋に得た。北関東で注目された逸材は、南関東でも昨年一気にブレーク。リーディング3位、そして今年も大井の戸崎騎手に次ぐ堂々の2位で一流騎手の地位を確立した。

 東京競馬場の夢舞台でコンビを組むパートナーを「接戦になると勝負強い感じ」と評した上で「東京の2400メートルは初めてだけどやっぱり折り合いが鍵。最後にどれだけ脚を残せるかでしょう。出るからには一発を狙う」ときっぱり。今日18日早朝、美浦トレセンに駆けつけ調教に乗って感触を確かめる。日曜は10鞍に騎乗。森時代の到来を予感させる。【深沢一千代】

 [2012年5月18日9時4分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞