今季大宮から柏レイソルに加入したMFイッペイ・シノヅカ(26)が移籍後初ゴールを挙げた。後半32分に途中出場。同37分、MF仲間の左クロスにファーサイドから走り込み、スライディングしながら右足で押し込んだ。

一方、横浜F・マリノスは同41分、後方から上がってきていたDF松原健(28)が、ペナルティーエリア手前からカーブをかけたミドルシュートをゴール左上にたたき込んで同点とした。

3連敗中だった柏は、相手の強力な攻撃をスーパーゴールの1点だけに抑えた納得のドロー。一方、横浜にとってはチャンスが思うようにつくれず、悔しさの残る引き分けとなった。