中国メディアは3日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表がベルギーに惜敗した試合について「これこそアジア最強のプレーだ」と絶賛し、健闘をたたえた。

 ニュースサイト「新浪網」は「わが国のチームは日本からレッスンを受けた」と題する記事を配信。「日本の成功は偶然ではない。彼らは一貫して技術を主とするプレースタイルを磨いてきた」と評価した。

 これに対して中国チームは「自分たちに適した戦術を一貫して養う忍耐強さを持っていない」と指摘し、日本のチームや選手の育成システムを見習うべきだと訴えた。

 インターネット上でも「アジア人がどうすれば黒人や白人の選手に対抗できるかを示してくれた」など肯定的なコメントが多く書き込まれた。