スペインリーグのセビリアが、トルコ1部フェネルバフチェの韓国代表DF金ミンジェ(25)獲得に興味を示していると、スペイン・アス紙が19日に報じた。

今季リーグ4位に入り、来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しているセビリアでは今夏、DFジエゴ・カルロスのアストンビラ移籍が決定。DFクンデ退団も濃厚となっている。レギュラーのセンターバック2人を同時に失う可能性が高いため、金を獲得候補の1人に挙げているもようだ。

金は昨夏、北京国安から移籍金400万ユーロ(約5億6000万円)、4年契約でフェネルバフチェに加入した。身長1メートル90センチの大型センターバックで、今季は公式戦39試合に出場。ガラタサライとのダービーマッチの際は金のプレーを確認するため、最近、特に強い関心を持つナポリなど、様々なクラブのスカウトが10人以上トルコを訪れたという。韓国代表ではこれまで42試合に出場している。

セビリアは今夏、韓国で孫興民(ソン・フンミン)が所属するトットナムと親善試合を行う。金の去就に注目が集まりそうだ。(高橋智行通信員)