リバプールのMF遠藤航(30)はアウェーのマンチェスター・シティー戦に後半40分から出場した。試合は1-1で引き分けた。

先制したのはマンチェスターC。前半27分、FWハーランドがペナルティーエリア内でパスを受け、豪快に左足を振り抜いた。プレミアリーグ通算50得点目。出場48試合目での到達は史上最速記録となった。

だが、リバプールが追い付く。後半35分、FWサラーの右からのパスに走り込んだDFアレクサンダーアーノルドが右足で今季初ゴールを決めた。1-1の同40分から出場した遠藤はセットプレー時の守備などで奮闘した。

首位攻防戦で勝ち点を分け合い、マンチェスターCのリーグ戦でのホーム連勝記録は15でストップ。マンチェスターCが勝ち点29、リバプールが同28、ブレントフォードに勝って同30としたアーセナルが首位に浮上した。