MF遠藤航が先発フル出場したリバプールは、最下位のシェフィールドUに2-0で快勝した。

試合後、ユルゲン・クロップ監督は英メディア「スカイスポーツ」に「結果、試合内容には本当に満足している。ボールを手放してはいけないところで手放してしまったいくつかの場面を除けば、成熟したパフォーマンスと言えるだろう」と話した。

マンチェスターCがアストンビラに敗れ3位に後退。クロップ監督は「誰かがマンチェスター・シティを見限るとしたら、それはサッカー史上最大のジョークだろう」と持論を述べた。

「それは本当に意味がない。アーセナルもうちも同じような経験をしている。アストンビラはすごい。(マンチェスター)ユナイテッドはそこそこで、まだメディアが望むようなサッカーはしていないかもしれないが、勝ち点は積んでいる。チェルシーは来るかどうかわからない。リーグは信じられないほど強く、難しい局面を乗り切るには運が必要だ。だから、(どこがタイトルを獲得するのか)分からない」と強調した。