首位スポルティングのMF守田英正はアウェーのギマランイス戦で前半41分に先制点をアシストした。右からのクロスを相手DFと競り合いながらも右足アウトサイドで落とし、味方のゴールお膳立てした。今季2アシスト目。フル出場したが、チームは2-3で敗れ、今季2敗目を喫した。

MF相馬勇紀が先発したカザピアはポルトに1-3で敗戦。勝ったポルトは2位に浮上し、首位スポルティングと勝ち点31で並んだ。

GK中村航輔が所属するポルティモネンセはホームでファマリカンと1-1で引き分け。けがで戦列を離れていた中村は前節2日のカザピア戦に続いてベンチ入りした。9月12日に行われた国際親善試合トルコ戦で相手選手と接触した際に右肩を負傷していた。

ポルトガルのスポーツ紙ボラは「中村はチームの中で最も高く評価されている選手の1人。パウロ・セルジオ監督も認める選手」とし、近いうちに中村が正GKとして復帰する可能性があると報じていた。

中村は9月16日にクラブとの契約を25-26年シーズン終了まで2年間延長している。