ドーピング違反で4年間の資格停止処分を受けたユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ(30)が29日(日本時間)、自分の潔白を主張し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴する意向を示した。「私は今日イタリア反ドーピング機関から通告を受けた。その判決が間違いだと信じている。この決定に対してCASに控訴する」と、処分の後に声明文を出した。

昨年8月20日、開幕戦のウディネーゼ戦に3-0で勝った試合後のドーピングテストで、A検体から禁止薬物のテストステロンが検出された。A検体から検出され、同9月にイタリアの反ドーピング機関(WADA)から暫定的な資格停止処分を受け、同10月には2つ目のB検体からもテストステロンが検出されていた。

同薬物は、持久力を引き上げる作用があると言われている。過去に多くの選手がCASに控訴して、ほとんどが敗訴している。ポグバは今後、聴聞会などで、誰かにテストステロンを盛られたなどの決定的な証拠を出さない限り、控訴は却下される可能性が高い。