勝てば2次ラウンド進出が決まる日本(世界ランク7位)は、第3戦となった強豪中国(同4位)戦でアクシデントに見舞われた。

ここまで、ともに開幕2連勝。

第1セット(S)は3度のジュースの末に、日本が26-28で落とした。第2Sは中国に圧倒され17-25。2セットを先取され、後がない日本は、第3Sは接戦になった。

11-12と1点を追う場面。絶対的エースで主将の古賀紗理那(26)がブロックしようとジャンプした際に、相手コートの方へ転倒した。

右足首を負傷した模様で、自力では立つこともできず。チーム関係者に支えられながら、コートの外に出た。

エース不在となった第3S、一時は23-20とリードしながら追いつかれ、4度のジュースになる展開。

最後は中国に屈し、27-29。大接戦に持ち込みながら、ストレートで敗れた。

日本は2勝1敗。中国は3連勝。

【世界バレー】真鍋ジャパンvs中国、26-28、17-25、27-29で敗れる/ライブ詳細>>