全国高校ラグビーの組み合わせ抽選会が2日、大阪府内で行われた。

花園連覇を目指すAシードの東福岡は2回戦(30日)から登場し、28日の1回戦の九州学院(熊本)-朝明(三重)の勝者と対戦する。

高校日本代表候補12人を擁す圧倒的な陣容で、11月11日の福岡大会決勝は筑紫を10トライで粉砕し、24大会連続34度目の優勝を飾った。3トライのNO8高比良恭介主将(3年)は「県の代表校として福岡にまた花園大優勝旗を持ってこられるように」と話した。

2大会連続8度目の全国制覇へ、まずは初戦に集中する。