ホーバス・ジャパンが、五輪イヤー初戦を迎える。バスケットボール男子アジア杯予選に臨む日本代表(世界ランキング26位)が、第1戦のグアム(同76位)戦を翌日に控えた21日、会場の東京・有明コロシアムで練習を行った。

25日には強敵中国(同29位)と対戦も控える。チーム最年少の川島悠翔(18=NBAグローバルアカデミー)は「両チームともアグレッシブで、大きな選手がそろっている。自分はリバウンドをたくさん取って貢献したい」と気合を入れた。

昨春に名門・福岡大大濠高を2年で中退。オーストラリアに渡り、NBAが運営する養成機関で腕を磨いている。若手中心のメンバー構成で臨んだ昨秋のアジア大会では、A代表に初めて選出され6試合に出場。高さを生かしたプレーで存在感を示した。

今大会前に再び日本代表に招集され、直前の強化合宿では昨夏のW杯メンバーと練習を重ねた。ホーバス監督から「判断力が向上した」と評価される成長株は、「そこは自信を持って頑張りたい」と力を込めた。

日本協会が登録した身長は2メートルちょうどだが、昨秋の時点で「もう1、2センチ伸びている」とニヤリ。伸び盛りのホープが、パリ五輪のメンバー入りへアピールする。【奥岡幹浩】