パリ五輪を狙う水泳100メートルバタフライの日本記録保持者・水沼尚輝(27=新潟医療福祉大職員)が21日、練習を公開した。長岡市ダイエープロビスフェニックスプールで行われている新潟医療福祉大の合宿で、3月17日開幕の国際大会代表選考会(東京)に向けて改良フォームの完成を急いでいた。「泳ぎの精度が上がって手応えを感じている」と、東京大会に次ぐ2大会連続の五輪出場へ自信を見せている。

水沼が泳ぐ10レーンに豪快な水しぶきが上がった。昨年から取り組んできた新フォームは、上下動を小さくして水の抵抗を減らす泳ぎ。「手が入水してからボールのような物をつかんで押すイメージ」とストロークにも好感覚を得ている。この日、泳いだ距離は4200メートル。直径約15センチのパラシュートをつけながらの泳ぐなど、練習に負荷もかけていた。

22年世界選手権(ハンガリー)100メートルバタフライの銀メダリスト。準決勝では50秒81の日本新記録をマークした。同年10月に腰を痛めてからはフォーム改良に試行錯誤したが、パリに挑む今はもう迷いはない。「新しい泳ぎが、ちゃんと形になってきた」と言う。20年東京五輪(開催は21年)は、準決勝止まり。出場を狙う24年パリ五輪で、東京の悔しさを晴らしたい意向だ。「選考会で自己ベストを出すことを目標にして突き進む」。言葉は力強かった。【涌井幹雄】