バレーボールVリーグ女子1部のファイナルステージが24日、東京・片柳アリーナで幕を開ける。23日、同会場では出場するレギュラーラウンド(RR)上位6チームが前日練習を実施。各チームの選手たちが1時間半、コート上で汗を流し、感覚を確かめた。

NECレッドロケッツは、皇后杯とリーグ制覇の2年連続2冠達成を目指す。RR2位ながら、昨年末の皇后杯ではRR無敗の1位JTマーヴェラスを退けるなど、ここぞで高い集中力を発揮してきた。一発勝負のトーナメント戦。ルーキーセッターの中川つかさ(23)は、「チームの1人として、セッターとして、引っ張っていかないといけないポジション」と粉骨砕身の活躍を誓った。

中川は昨季、大学卒業を待たずに出場できる内定選手として優勝を経験。主力として臨む今季、思いはひと味違う。「去年はできることを一生懸命にやろうと思っていた。今年は自分にプレッシャーをかけて(臨む)」と、自信と自覚が芽生えた。「去年とは違ってドンとコートに立てている」。さらなる飛躍を遂げ、チームを頂点に導く。

NECは、25日の準決勝から登場する。昨季、日本代表にも初選出された23歳は「去年優勝しているけど、挑戦する気持ちで。全員で戦っていく」と力を込めた。【勝部晃多】