フィギュアスケートの指導者として世界王者などを輩出した樋口美穂子氏がヘッドコーチを務める「LYSフィギュアスケートクラブ」が新たな試みを始めた。スポーツギフティングサービス「Unlim」に参加し、寄付という形で支援者を募ることになった。樋口氏は「新しい応援のカタチ、スポーツギフティングUnlimに参加しています。皆様の応援が選手の力になります」と呼びかける。

LYSは22年3月に樋口氏が独立して立ち上げたクラブで、少人数で指導にあたっている。世界で活躍できる選手の育成、人間としての成長も重視。「Let Yourself Shine(あなたらしく輝いて)」の信念から「LYS」と命名した。現在は北京五輪代表の河辺愛菜、昨年末の全日本選手権で4位となった13歳の上薗恋奈が所属している。

◆「Unlim」 「競技活動資金に充てさらなる強化をしたい」「競技の普及につなげたい」「スポーツ全体の発展に努めたい」「スポーツで社会貢献をしたい」など熱い思いを持つアスリートやチームに「寄付」という形で金銭的に支援するサービス。

LYSへの寄付は下記リンクから。

https://unlim.team/athletes/lys.figureskatingclub