神奈川ダービーと銘打たれた一戦はアウェーの横浜BCが初戦を落とした。

アジアカップ予選による代表活動期間を経て約3間ぶりに再開された一戦。日本代表でも司令塔を務める横浜BCの河村勇輝(22)は17得点、4アシストだった。

相手の厳しい守備にパスの出しどころを制限され、ボールを失うターンオーバーは6回を数えた。「大事な場面でのターンオーバーで、流れを悪くしてしまった。自分のプレーメークの選択がかなり悪かった」と振り返り、司令塔役のポイントガードとして「今日の試合は、僕の責任がすごく大きい」と責任を負った。

3日も同会場で川崎と対戦する。「今日出た課題を、明日どれだけ修正して臨めるか。チームとして成長を感じる試合にしたい」と切り替えた。【奥岡幹浩】