日本バレーボール協会(JVA)は5日、24年度の女子日本代表チームの登録メンバー24人を発表した。

絶対エースの古賀紗理那(27)をはじめ、コンディション不良を心配された林琴奈(24)や、来季からの海外挑戦を表明したセッター関菜々巳(24)、イタリアリーグで研さんを積む石川真佑(23)ら実績組が名を連ねた。度重なる負傷に見舞われたミドルブロッカー荒木彩花(22)も代表入り。初選出はなかった。

メンバーは今後、5月から始まるネーションズリーグ(VNL)、その先に待つパリ五輪へ、今回の中から12~14人に絞り込まれる。真鍋政義監督(60)の下、12年以来となる五輪メダル獲得の大目標に向けてスタートを切る。

女子日本代表の登録メンバーは以下の通り。

▽セッター4人

松井珠己(26=ブラジル)

関菜々巳(24=東レ)

岩崎こよみ(34=埼玉上尾)

中川つかさ(23=NEC)

▽アウトサイドヒッター10人

井上愛里沙(28=姫路)

田中瑞稀(28=JT)

古賀紗理那(27=NEC)

林琴奈(24=JT)

石川真佑(23=イタリア)

和田由紀子(22=JT)

黒後愛(25=埼玉上尾)

オクム大庭冬美ハウィ(25=日立)

佐藤淑乃(22=筑波大)

長内美和子(26=日立)

▽ミドルブロッカー6人

渡辺彩(32=日立)

宮部藍梨(25=姫路)

山田二千華(24=NEC)

平山詩嫣(23=久光)

荒木彩花(22=久光)

山中宏予(24=埼玉上尾)

▽リベロ4人

小島満菜美(29=NEC)

福留慧美(26=デンソー)

西村弥菜美(23=久光)

山岸あかね(33=埼玉上尾)

※所属は23-24年シーズン

◆真鍋監督のコメント

「女子日本代表監督として3度目のオリンピックイヤーを迎えた。まずはネーションズリーグの予選ラウンドで着実に勝利を積み重ね、世界ランキングによるパリ2024オリンピック出場権の獲得を目指す。そしてパリ2024オリンピックでは、日本の女子バレーが再び世界の大舞台で輝く姿をお見せしたい。今年は1戦1戦が日本女子バレーボールの未来が懸かる大一番だと考えている。選手、スタッフだけでなく、バレーボール関係者そして応援してくださるすべての皆さまと一丸となって戦い、ネーションズリーグ初戦からパリ2024オリンピック最終戦まで全力で駆け抜けたい」