日本体操協会は4日、都内で2023年の年間表彰式を開いた。3年連続の最優秀選手賞に選ばれた体操男子の橋本大輝(22=順大)はスピーチで「良い結果を出したと思ってましたが、(野球の)WBCにちょっと押された」と苦笑。今夏には個人総合2連覇がかかるパリ五輪が控え、「金メダルを取って、24年どこのスポーツが一番活躍した?、って言われたら、全国民の皆さんが体操と言ってくれるように頑張りたい」と誓った。パリでは昨秋の世界選手権に続く団体総合、個人総合、種目別鉄棒の3冠を目標に掲げている。

個人総合で五輪2連覇した先人となる内村航平さんからは「俺の背中を追いかけなくていい。大輝は大輝」とアドバイスされたことを明かし、「気負わずに自分の演技をしたい。楽しくできていることを忘れずにやっていきたい」と見据えた。

優秀選手賞は南一輝(エムズスポーツク)ら世界選手権の団体金メダルメンバーと、トランポリンで世界選手権男子個人銅メダルの西岡隆成(近大)が選ばれた。東京運動記者クラブ体操分科会の表彰は、橋本が最優秀選手賞を受賞した。