日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

青森山田15人目J 柴崎が鹿島と仮契約

仮契約を終え、鹿島・椎本スカウト部長と握手を交わす柴崎
仮契約を終え、鹿島・椎本スカウト部長と握手を交わす柴崎

 全国高校サッカー選手権で準優勝した青森山田のMF柴崎岳(2年)が20日、同校でJ1鹿島と仮契約を交わした。正式契約は1年後で、来年2月からの入団となる。青森山田・黒田剛監督(39)の教え子では、15人目のプロ選手になることが決定。同校はもちろん青森県内が、選手権準優勝に続く朗報に沸いた。

 青森県のサッカー界にとって“歴史的場面”となった。鹿島から椎本邦一強化部スカウト担当部長(51)とともに、熊谷浩二スカウト(34)が青森山田を訪れた。熊谷スカウトは青森県十和田市出身で、三本木農から鹿島入りしMFで活躍。木村隆文校長(70)にあいさつした後、柴崎と無事、仮契約を交わした。

 「柴崎君は能力も意識の高さもある。彼の入団が決まって本当にうれしい」と熊谷スカウトは笑顔を見せた。「うちの選手としてはもちろん、日本代表など高い目標に向かって頑張ってほしい。同じ青森人として応援したい」。95年ワールドユースで中田英寿らとベスト8に進出した実績を持つ熊谷スカウトが、柴崎に大きな期待を寄せた。

 黒田監督は「本人の夢だったプロが決まって、ほっとした。あと1年、さらに成長させて鹿島に送り出したい」と話した。柴崎が入団すれば、教え子で15人目のプロ選手誕生。「いいペースで選手が育ってきた」と感慨深げ。「鹿島は選手育成の基盤がしっかりしている。何の心配もない」と力を込めた。

 仮契約には、野辺地町から駆けつけた柴崎の母美佐子さん(47)も同席。やはり「ほっとしました」と笑顔を見せた。「あと1年、目の前の練習、試合をしっかりやってほしい。親として言うべき時は言い、見守るべき時は見守る。厳しい指導をしてくれた黒田監督に、あと1年よろしくお願いしたいです」と母親の心境を語った。「Jリーガー柴崎」が実質的にスタートした。【北村宏平】

 [2010年1月21日12時4分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

柴崎岳






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  青森山田の2年柴崎、鹿島と強気仮契約 - サッカーニュース
  2. 2  山形増田「ラストパスこだわる」 - サッカーニュース
  3. 3  鹿島小笠原ら大勢で汗「これがチーム力」 - サッカーニュース
  4. 4  小笠原、代表復帰で攻撃モードへチェンジ - サッカーニュース
  5. 5  22人大分の悲願J1復帰よりけが人ゼロ - サッカーニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです