帝京長岡は夏秋連覇を狙う東京学館新潟との接戦を2-1で制し、2年ぶり秋4強入りを決めた。1-1の8回表、3番・渡辺侑耶右翼手(2年)の左越え三塁打で勝ち越した。22日は休養日で、開志学園との準決勝は23日に三条パール金属スタジアムで行われる。

  ◇  ◇  ◇

頼りになる帝京長岡のクラッチヒッターが勝負どころで力を発揮した。1-1の8回表2死二塁。渡辺は真ん中やや外角寄りの直球をコンパクトに振り抜いた。鋭いライナー性の打球は左翼手の頭上を越え、チームを4強に導く勝ち越しの三塁打。「チームが勝てるバッティングをいつも心がけている。チームが勝てた一打になったことがうれしいです」と殊勲打を喜んだ。

芝草宇宙監督(54)も「渡辺はいつも一番いいところで打ってくれる。得点圏打率も高い」と評価する渡辺は、この秋が公式戦デビューだ。昨秋は中軸を任されたが、腰を痛めて離脱。今年の春、夏は不調のため、メンバーを外れていた。新チームになってから復活を目指す渡辺はマシン打撃やティーで自分のスイングを徹底的に見つめ直した。「フライではなく、ライナーを意識して練習してきた。特に(バットの芯で)とらえる確率にこだわってやってきた」。4回には右越え二塁打を放っていた。この夏、磨いてきたスタイルを勝負どころの打席で体現した。

準決勝は23日、開志学園と対戦する。「県で優勝して、北信越も優勝して、センバツに出ることが目標。どんな形でもチームが勝つためにチームに貢献する」と渡辺。目指すは初の甲子園。そのためにも準決勝で勝利し、決勝戦への切符を確実に手にするつもりだ。【大島享也】

 

○…夏の甲子園出場校、東京学館新潟の秋は準々決勝で止まった。旅川佑介監督(41)は「最後の(帝京長岡の)1点は私を含め甘かった」と言った。8回2死二塁のピンチで、3番の渡辺が打席に入っていた。“申告敬遠”が頭をかすめたが、指揮官は続行を指示し、左越え三塁打で勝ち越しを許した。遊撃の守りから2番手で登板していた森田蒼生主将(2年)は「失投だった」と悔しそうに振り返った。