エンゼルス大谷翔平投手(28)とマイク・トラウト外野手(31)のコラボ人形「シティコネクト・ボブルヘッド」が、先着2万5000人の来場者に配られた。試合開始(現地午後7時7分)の約3時間前には既に長蛇の列で混雑し、多くのファンが午後5時の開場を待っていた。

中には、試合開始の8時間前からスタジアムを訪れていた熱狂的なファンもおり、会社経営者の池田宏之さん(59)は念願のボブルヘッド人形をゲット。「とにかく興奮しています。本当は、スタジアムに泊まって待とうかと思ったくらいですが、今日は午前11時頃に来ました」と明かした。

輸出入の小売業の仕事で米国に出張中で、この日は知人らと総勢7人で観戦。二刀流で活躍を続ける大谷については「アメリカでこれだけ日本人が活躍していて、うれしくて、誇りです」と話し、「彼の生き方、立ち居振る舞い、夢を持ち、達成する姿勢を見て、子どもたちが学んで欲しい」と願いを込めた。