ドジャースとスポーツ史上最高額の10年総額7億ドル(約1015億円)で契約合意した大谷翔平投手(29)について、チームの正捕手で新女房役となるウィル・スミス(28)が、大谷入団が決まった瞬間の心境を明かした。

MLBネットワークラジオの番組に10日(日本時間11日)出演し「昨日は本当にクレイジーな日だったよ。みんながツイッター(X)で彼の決断を今か今かと待っていた」と振り返り、発表を聞いた瞬間は「家にいた。ESPNの速報をスマホで確認して、もう興奮したね」と話した。

バッテリーを組むことになる大谷については「素晴らしい能力を持った選手が加わってチームが強くなるということは、楽しみだしエキサイティングだ。彼は球界の最高の選手。僕らは彼の加入で確実に強くなった。彼と一緒にプレーする来季を楽しみにしている」と話した。

スミスは今季がメジャー5年目で、これまで2ケタ本塁打を4度マークし通算91本塁打。今季は126試合に出場し111試合でマスクを被っている。