九産大(福岡6大学)が東洋大(東都)のドラフト1位候補2人を打ち砕いた。

 東洋大の先発・上茶谷大河投手(4年=京都学園)から2回に3点を先制すると、3回1死満塁で上茶谷をマウンドから引きずり下ろした。代わって登板した2番手梅津晃大投手(4年=仙台育英)からも、9番横田翼外野手(4年=大牟田)、1番柳内一輝内野手(3年=九州学院)が連続適時打を放ち4点を奪った。最後は8-3の7回に、横田が2打席連続となる2ラン。もう1人の東洋大のドラ1候補・甲斐野央(ひろし、4年=東洋大姫路)をマウンドに上げることなく、7回コールド勝ちした。

 大久保哲也監督(55)は「本当びっくりですよ。食らいついて、ロースコアになると思っていた」と予想外の展開に驚き。2本塁打を放った横田も「全然想像していなかった。勝ってギリギリ(のスコア)だと思っていた」。ドラフト候補を抱える東海大を破った1回戦に続き、大物食いを果たした。