阪神は15日、石崎剛投手が大阪府内の病院で「右肘のクリーニング術」を終えて、退院したことを発表した。

 「今シーズンは肘の状況があまり良くなかったので、よりベストな状態で投球をするために手術を決断しました。チームに迷惑をかけているので、1日でも早く復帰し、チームに貢献できるようにリハビリに取り組んでいきたいと思います」

 今季は救援陣の一角として、開幕1軍スタートしたが、5月16日に出場選手登録を抹消されていた。今季は15試合に登板して、防御率は4・20だった。