ソフトバンクは7日、国内FA権の行使を表明した西武浅村栄斗内野手の獲得に動くことを明言した。

三笠杉彦球団統括本部本部長が取材に応じ「日本の内野の右バッターとしてはトップレベルの選手。いい話をさせてもらいたいと思うし、彼の話を聞いてみたい」と話した。ソフトバンクがFA選手の獲得となれば13年の中田(中日)、鶴岡(日本ハム)獲得以来5年ぶりとなる。

条件面でも他球団に負けない条件を出す構えで、過去の事例同様に4年20億円クラスの複数年大型契約を用意するとみられる。