盗塁王も走らさない! 広島坂倉将吾捕手(21)が15日、快足ランナーを想定した盗塁阻止練習に取り組んだ。マツダスタジアムで行われた午後組の練習に参加。昨季のセ・リーグ盗塁王を獲得した阪神近本ら一塁走者に仮想し、実戦をイメージ。「3割以上」の盗塁阻止率を目標に掲げ、捕手としての出場機会増を目指す。

   ◇   ◇   ◇

坂倉がマツダスタジアムの室内練習場に球界屈指の快足ランナーたちを“集結”させた。頭の中で昨季のセ界盗塁王の阪神近本を始め、同じ阪神の糸井、ヤクルト山田哲、ソフトバンク周東らを一塁走者に仮想。打席には高ヘッドコーチ、投手は広瀬外野守備走塁コーチ、遊撃手には小園が入り、16度の盗塁阻止練習に励んだ。この日の阻止率は「見たままでいいと思います」と笑顔でかわしたが、手応えを感じている様子だった。

練習中は常に相手や場面を想定することを心がけているという。打撃練習でも、9回裏ビハインドの展開での打席を自ら設定するなど、より緊張感を持ち、練習を行っている。坂倉は「打撃練習の時もそうですけど、(自分で)ケースを言うことで、多少は体が動くようになる。今はあの距離を投げることが大事だと思います」と意図を説明した。

昨季は持ち前の打撃力を買われ、主に代打で51試合に出場。守備では左翼手として12試合の出場に対し、本職の捕手では出場はわずか3試合。盗塁阻止の機会は1度もなかった。捕手としてのスキルアップを求め、オフには巨人炭谷と合同自主トレを敢行。2月の春季キャンプでも一貫して捕手としての練習を続けていた。「自分が思った通りに体が動いてくれる数が多くなった」と胸を張る。

スローイングはまだまだ課題がある。送球の正確性向上に取り組む中で「ちゃんとタッチがしやすいところに投げる。多少体がぶれても、ちゃんとベースに行くことが大事。横のぶれをなくしたい」と話す。理想の盗塁阻止率については「3割以上」を目標に掲げる。チームには絶対的な正捕手に会沢が君臨する。こだわりの強い捕手としての出場機会増を目指し、工夫を凝らしながら、日々アピールを続けていく。【古財稜明】